Operaブラウザ

スポンサーリンク

おすすめポイント

・ブラウザなのにニュースを読むことができる
・動画をサクサク見られる
・web広告のブロックを自動でしてくれる

Operaブラウザアプリでは色んなニュースが読める

今使っているスマホ端末のブラウザは使いやすいですか?そもそもブラウザとは何でしょうか?簡単に言うと、インターネットで色んなホームページ、サイトを見るために必要なソフトのことです。パソコンで言えばインターネットエクスプローラーやエッジ、googleクローム、safari、Firefoxなどがブラウザとして有名ですね。Operaブラウザもその一つでパソコンでも使え、アプリの登場によってスマホやタブレット端末でも利用することができるようになりました。今回はニュースも簡単に読めてしまうOperaブラウザアプリの魅力に迫ります。

このアプリでできることまとめ

  • webサイトページの表示ができる
  • ニュースが読める
  • 好きなコンテンツを簡単に発見できる
  • 記事を保存することができ、後で読むことが可能
  • ニュースは自分好みにカスタマイズ可能
  • 広告を自動ブロックする機能が搭載されているのでスムースに読み込める
  • 動画をサクサク見ることができる
  • 好きなサイトをホーム画面に追加できる
  • プライベートタブの利用で検索履歴やデータ履歴を気にせずにネットが楽しめる
  • 端末の画面幅に合わせて改行してくれるので読みやすい

Operaブラウザアプリのホームではニュースが読み放題

あなたはニュースアプリをダウンロードして利用しているでしょうか?アプリをダウンロードすれば容量を使うこととなり、端末の動作に影響することがあります。Operaはニュースフィードも設けているアプリで、政治や経済、スポーツ、グルメなど様々なカテゴリーの中からニュースを読むこともできるブラウザ。アプリのホームから「フィード」を選択すれば国内ニュースから芸能、国際ニュースまで最新のニュースをチェックすることができますよ。

リーダーモードを「有効」に!Operaブラウザアプリ

これまで使っていたブラウザで検索したときに、広告が多くイライラしたことは誰しもあるでしょう。Operaブラウザアプリには、広告のブロックと画面を端末の幅に合わせて自動表示をしてくれる「リーダーモード」機能が搭載されています。この機能を一度使うようになったら、もう他のブラウザは使えないというユーザーもいるほど、便利で快適です。「リーダーモード」機能はダウンロードしたときには「自動」になっているので、「有効」に切り替えば、いつでも自動に広告をブロックしてくれます。切替は次のように操作して完了しましょう。

ブラウザトップページ右下の3本の横線をタップ→出てきたページ下真ん中にある歯車マークをタップ→「リーダーモードをデフォルトに設定」をタップ→「有効」を選択

記事を保存してオフラインでも読むことができる

Operaブラウザで気になる話題を見つけたら、オフライン用に保存しておくこともできます。方法は2つあります。一つはリーダーモードを使って閲覧している場合には、右下にペーパーマークと共有マークが出てくるので、そのうちのペーパーマークをタップして保存する方法です。もう一つはリーダーモード機能を使ってない場合、右上にある3つの点マークをタップして、「オフライン用のページ」を選択する方法です。保存したページを見るときは、どちらも右下にある横線3本をタップして「オフライン用のページ」で見ます。

「Operaブラウザ」アプリのまとめ

スマホやタブレット端末で通常利用するブラウザをOperaアプリに設定すれば、いつでもサクサク検索することができ、あなたが気になるサイトや記事を自由に保存することができます。使い慣れるまで時間はかかりますが、早い人だと20~30分程度でコツをつかめるでしょう。新しいブラウザに挑戦してみたい人にはおすすめです。Operaアプリ、一度使ってみては?

「Operaブラウザ」アプリのダウンロード

Android GooglePlayでダウンロード
iOS iTunesでダウンロード

Share
スポンサーリンク

QR Code

NewPost